Spirit of Healing

rihoyng.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私がやるべき事

今日もバタバタだった

毎朝5時台に起きるのに、タイミング悪くKANOが泣きおっぱいを飲ませたり、2人とも6時前に起きてしまったり

寝起きで少しご機嫌ななめの子供たちをしばらく抱っこし
逃げ回る子供たちをつかまえながら洋服に着替えさせ
抱っこをせがまれたり、おむつをとりかえたり、何度も中断しながら家族の朝ごはんを作り
こぼしたり、吐き出したり、椅子から脱走したり、長い時間かかって何とかご飯を食べさせ

洗濯はできても、何時間も干すことが出来ないまま洗濯機の中でクシャクシャになり
メイク道具を完全におもちゃにされながら、おっぱいを飲ませながら、背中に膝にめちゃくちゃによじ登られながら化粧をし
着替え途中の半裸状態のまま、兄弟喧嘩の仲裁に入り

食器洗いも、掃除も、帰ってきてからでいいや!と、やっと出かける準備ができたと思うと、もう既に限りなくお昼に近い時間

あ~あ、今日もズレズレだぁ・・・
毎日毎日、こんな感じで一日が過ぎていく

心や時間に余裕が無くなると、ついいちいちイライラしてしまったり、自己嫌悪になったりする

そんな時、いつも思い出す詩がある

きっと、規則正しく毎日を送ることより、家事をきちんとこなすことより、大切なことがある
私は今日も、自分のやるべきことをちゃんとやれた、ってことだ




Today (作者不明)

Today I left some dishes dirty.
The bed got made about two-thirty.
The nappies soaked a little longer.
The odour got a little stronger.
The crumbs I spilt the day before
Were staring at me from the floor.
The art streaks on those window panes
Will still be there next time it rains.
For shame,oh lazy one you say
And "just what did you do today?".

I nursed a baby while she slept.
I held a toddler while he wept.
I played a game of hide'n'seek.
I squeezed a toy so it would squeak,
I pushed a swing,I sang a song,
I taught a child what's right and wrong.

What did I do this whole day though?
Not much that shows,I guess it's true.
Unless you think that what I've done
Might be important to someone
With bright blue eyes-soft blond hair,
If that is true,I've done my share.

「今日」

今日、私はお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃのまま
おむつは長いこと水に浸けたまま
だんだん匂いがきつくなってきた
昨日こぼした食べかすが
床の上から私を見つめている
窓ガラスのいたずら描きは
多分次に雨が降るまでこのままだろう
きっと人には、ひどいねえとか、だらしないとか
「今日一日、一体何をしてたの?」 とか 言われるかな

私は赤ちゃんが眠るまで、おっぱいをあげていた
私は子供が泣きやむまで、ずっと抱っこしていた
私はかくれんぼをして遊んだ
私はおもちゃを握ってキューっと鳴らした
私はぶらんこを押し、歌を歌った
私は子供に、して良いことと悪いことを教えた

一体一日中何をしていたんだろう
大したことはしていない 自分でもその通りだと思う
でもこう考えてみたらどうだろう
澄んだ瞳をした、ふわふわの髪のこの子にとって
とても大切なことをしたのだと

もしそれが本当なら、私は自分のやるべきことをちゃんとやったんだ




056.gif国産エッセンシャルオイルでのアロマテラピートリートメント「和のアロマテラピー」 サロン詳細はこちら056.gif
[PR]
by riho_yng | 2012-04-19 01:43 | 育児

おっことさないもの

母からの七歳のお誕生日プレゼントは、「くまの子ウーフ」だった

くまの子ウーフ (ポプラ社の創作童話 11)

神沢 利子 / ポプラ社




世代を超え、今は息子の愛読書になっている

無邪気で素直なくまの子ウーフと、優しいおかあさん、お友達のうさぎや、ちょっとずる賢いきつねなど、登場するキャラクターが生き生きと描かれ、大切なことが分かりやすい言葉で書かれている
いつ読んでも、ホッと心が温まり、子供の頃に感じた安心感を思い出す

中でも私が大好きなお話は、「おっことさないものなんだ?」

「おかねもにになりたいよう」と泣くウーフに、こがね虫が話しかける
「わしもな、くまちゃんや。むかしはかねもちだって、うたにまでうたわれたもんだったよ。ところが、いまじゃもんなしだ。かねをいれたかばんをおっことしてからはな。かねなんて、そんなもんだよ。くまちゃん、おまえさんもおっことしたり、なくしたりしないものだけもってればいいのさ。」

家に帰り、おかあさんに「おっことさないもの、ちょうだい!」というと、おかあさんは優しく答える
「ウーフ、いまかけてきて、なにかおっことしたの。」
そしてウーフの体を調べながら
「あんまりはしったから、二つの足をおっことしたかな。あんまり手をふったから、二つの手をおっことしたかな。目はどこかな。」

「おっこすもんか。目も、鼻も、口も、手も、足も、おっことすもんか。」とさけぶウーフに
「だから、なんでもみられる。なんでもとれる。」とおかあさん

「げんきなくまの子は、山いっぱいになんでももってるのよ。きれいな花も、おいしい木の実も、はちみつも、なんだってね。」


そうなんだ
私たちは、世界いっぱいになんでも持っているんだ
欲しいもの、やりたいこと、行きたい場所、全部
それらを手にする能力や行動力や、全ての可能性はこの手の中にみんな持っているんだ

そう思うと、私もウーフと同じく、すっかり嬉しくなってしまう

本当に大切なものは、いつだって目に見えない


               056.gif和のアロマテラピー 詳細はこちら056.gif
[PR]
by riho_yng | 2012-04-18 00:06 | 日記

春の風

朝から子供たちと公園へでかけた

昨日の嵐が明け、暖かい日の光を浴びた桜の木々は、より一層美しく見えた

c0136640_1492541.jpg


桜の花びらがはらはらと、まるで雪のように地面に舞い落ちる
桜のじゅうたんの上を、はしゃぎ飛び跳ねる子供たち
祝福するかのように、優しく光りながら、風が吹くたびに降り注ぐ

c0136640_1495924.jpg


独身の頃、同じように舞い落ちる桜を見ながら、出勤したことを思い出した
春の穏やかな光の中、気持ちの良い風に吹かれながら、この美しい桜をゆっくりと眺めていられたらどんなに幸せだろう
そう思った

あの頃望んだ未来に、今立っているんだ

今日のこの桜を、春の優しい風を、子供たちの笑い声を
ずっとずっと 覚えていよう

c0136640_1502659.jpg


c0136640_1504730.jpg


c0136640_151579.jpg



056.gif国産エッセンシャルオイルでのアロマテラピートリートメント「和のアロマテラピー」 サロン詳細はこちら056.gif
[PR]
by riho_yng | 2012-04-13 01:51 | 日記

またきみに恋してる

最近、ラブソングを聞くと、子供たちに想いを馳せてしまう(あ、ごめんダンナ)

先日、私の大好きな番組「NHKのど自慢」で、子供たちの事を想いながら「またきみに恋してる」を歌われた方がいた
もう、思春期の頃に胸をキュンキュンさせながら何度も聞いたラブソングのように、胸にキュ~ンときてしまった

「ママ、大好き~!」「ムギュ~とチュ~した~い053.gif」とJUNO
「ママ、だ~っき~(大好き)」「むっぎゅ~、とゅ~053.gif」とKANO

そして、いつでもどこでも何回でも、トイレの中でも、ムギュ~とチュ~
あぁ、ママは今人生で最高にモテてるわ

やがて大きくなって、ママとこんな風にムギュ~とチュ~をしていたことも忘れて
すました顔して歩くようになるのかな

ママはその時、片思いのような気持ちを味わったりするのかな

毎日必ず子供たちが眠りにつく前に語る言葉
「大好きだよ」
「ママのそばにいてくれてありがとう」
「ず~っと一緒だよ」
この子たちが一生ずーっと愛のヴェールで守られているように願いながら
おまじないのように、大切に伝える

安心しきった顔で眠りにつく子供たちの寝息を聞き
そして、私はまた恋に落ちるのだ

あなた達が大きくなっても、おじさんとおばさんになっても
きっと私は何度でも、恋に落ちてしまうのだろう

何度でも何度でも、おまじないの言葉を繰り返しながら

c0136640_0102378.jpg


c0136640_0104030.jpg




c0136640_0111297.jpg

[PR]
by riho_yng | 2012-04-07 11:40 | 育児

闘病生活2か月

2月、3月はほとんど闘病生活だった…

冬の始め家族みんな元気で、そろそろDETOXありそうだなぁ~と思っていたところ
予想通り、来た来た来た~!
ビッグウェ~ブが連なってやって来た!

大体JUNOがトップバッターでかかり
次にKANOが
そして、看病で弱った私が最後にかかる(あれ?パパは何故か元気だわ)

JUNOがグジュグジュだとKANOもグジュグジュ
JUNOが夜泣きするとKANOも泣き二重奏に
毎晩毎晩何回も幕を開ける、夜泣きのオンパレード…

病気の本人が一番辛いんだけど、ママもかなり辛いっす~

やっと終わったぁぁぁぁぁ~良かった~元気が一番だわぁぁぁ~
さぁ、待ちに待った公園へ行きましょっ♪ お外に出ましょっ♪

…と思うと、そら来たっ 新たなビッグウェ~ブ~~~
そしてまた二週間引きこもりの巻

春のDETOX、今年はすごいわ~
何を隠そう、今また新たな波の真っ最中ですわ~

公園でぷっくらした桜の蕾を見たのが最後
「もうすぐ桜が咲くよ~♪ 楽しみだね~お花見しようねっ♪ねっ♪ねっ♪」
なんつって、なんつって、なんつって

気付いたら窓から見える、満開の桜
あぁ桜が散ってしまう

しかし、本当に風邪、流行病はかかるべき時にかかる
子供たちは、一つ一つこうして脱皮しながら、自分の免疫を獲得し、住みやすい体を作っている
一つ病気を乗り越えると、顔や体、言葉や仕草などが、一段と成長しているのが分かる
大人には有難いDETOX
注意深く心身に耳を傾けると、吐き出されるべき感情も一緒に流れていくのが分かる

体は賢い
春この季節に咲く桜のように、なすべきことを知っている

そう、だから…
今日も、二重奏、有難く乗り越えますっ!
体よ、春はもうすぐだよ~
[PR]
by riho_yng | 2012-04-06 00:05 | ホメオパシー

お空の記憶

半年ほど前から、JUNOがお空の記憶を話してくれるようになった

「JUNOはね~、このママが良かったんだよ~」

うひょ~っ041.gifなんて嬉しいことを言ってくれるのかしらっ053.gif

「JUNOがお空からママを探していたら、紫のポツポツの服(水玉らしい 実際持っていて妊娠当時良く着ていた)着たママが、コンビニから出てきたの それで、”あっ!キレイ!”と思って、入ったんだよ」

うんまぁ~!この子ったら、そんな素敵なこと言ってくれちゃって~~!!
お話してくれること自体嬉しいことなのに、すっかりニヤけたママは、JUNOをムニュムニュ抱っこしながら、気になることを質問してみた

「広い世界の中から、よくママを見付けられたね~!難しくなかったの?」
「お空の上からは、よ~く見えるんだよ だから、すーぐ見付かったよ!」

「JUNO一人で探したの?」
「うん、そう」

「お腹に入るときは、一人で来たの?」
「KANOちゃんと一緒に来たの JUNOはKANOちゃんの背中に乗って、一緒に入ったの それで、JUNOが先に生まれてきたの」

「どこから入ったの?」
「背中からこうやって(と、入る仕草を真似する)」

「お腹の中は何色だった?」
「ピンク」

「お腹の中で何してたの?」
「おもちゃが沢山あったんだよ ひもにぶる下がったりとか、本読んだりしてた」

「生まれる時はどうやって出てきたの?」
「こうやって(頭を下にして) よいしょって 大変だったよ~」


その他、「ママのお腹には何回も入ったんだけど、トイレに流されたりして、なかなかうまくいかなかった」とも言っていた
一度流産しているが、そのことを言っているのかな???

何度聞いても、同じ話をしてくれる
それが本当なのか、想像なのかは誰にも分からないことだけれど

この子がこうしてここにいて、「このママが良かったの」って言ってくれているのは真実

あぁ、私、生まれてきて良かったな

ママもJUNOに生まれてきてほしかったのよ
ママを選んでくれて、ママの子供で生まれてきてくれて、本当にありがとう

c0136640_1682583.jpg


c0136640_1684093.jpg

[PR]
by riho_yng | 2012-04-04 16:08 | 育児

治癒に向かう地図

治癒に向かう地図を知っているのは、自分自身
そして、その症状がもたらすメッセージを解読できるのも、自分自身だ

治癒に向かうヒントをくれる療法は沢山ある
しかし、そのヒントを手掛かりに出口へ向かうには、どうしても自分自身で越えなければいけないことがある
それは、その症状のメッセージを理解し、受け止めること

心と体は正直だ
一生懸命心で我慢し頑張っていても、自分に嘘をつき続けることはできない
体に現れる症状、それは本当の自分の心からのメッセージだ

自分が生涯かけて本来進むべき道からそれた時
体は教えてくれる
そしてそのメッセージに謙虚に向き合った時、全てが軌道に乗り始める

本当に癒しがもたらされる時というのは、ツールはあまり重要では無いのかも知れない

妊娠、出産、育児という、人間の原始的な生命の営みを経験するうちに、そんな風に思った

子供たちは良く熱を出し、湿疹を出し、怪我をする
全て、必要に応じて、だ
そして、余計なことをせずとも、大概は向かうべき出口へ向かう
くすぶっている時は、ちょっとその自己治癒力を後押ししてやればいい

しかし、子供が発したメッセージをきちんと受け止めないと、悪化する
重要なのは、そこだ

「和のアロマテラピー」にたどり着いたのも、そんな思いからだった
必要なものは、きっと全て持っている
それでもまだ助けが必要なら、きっとすぐ近くにある

日本に生まれ、日本で育った私達にとって、日本の森林の香りは何と心地よいことか
何と心に素直に染み渡ることか

体に耳を傾けた時、全てが軌道に乗る
日本の香りが、一つの癒しのきっかけになることを願って
[PR]
by riho_yng | 2012-04-03 15:36 | 和のアロマテラピー

IFA認定アロマテラピストRIHOの徒然日記 ホメオパシー校を卒業し二人の子供とナチュラルな日々を楽しんでいます☆国産エッセンシャルオイルのトリートメント「和のアロマテラピー」サロンも始めました


by riho_yng