Spirit of Healing

rihoyng.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ママ

私が最大級に尊敬し、愛しているのは、パパとママ
結婚し、出産し、その想いはどんどんどんどん大きくなりました


インドの伝承療法であるアーユルベーダ(Ayurveda)では、

3歳までは王族のように
3歳からは僕のように
15歳からは大親友のように

子供に接しなさいという教えがあるそうですが


同姓だから特にでしょうが、ママとは今や大親友
毎日電話やメール
実家に帰れば、ショッピングしたりお茶したり、ずーっとおしゃべりしっぱなし
何でも分かり合えて、信頼し合えて、
なくてはならない、大好きな大好きな女友達です


そしてママは、私にとってたった一人の完全なるヒーラー
熱が出た時、どこか痛い時、そっと当ててくれるママの”手”
このハンドパワー、ただものではありません
フゥッと緩み、どんな痛みも和らいで
ついでに不安まで取り除いてくれる
不思議な不思議な、ママの”手”


これは多分、ママと子供の間で起こる、大きな力の一つなのでしょう


そんな時、”あぁ、私はいくつになっても、一生ママの子供なんだなぁ”と思うのです


ちょっと弱った時
落ち込んだ時
行き詰った時

とってもとってもママが恋しくなる


自分もママになったくせに、とってもママが恋しくなる
ママになってからの方が、ママシックにかかる率が多くなった気がする


”私、こんなに弱かったっけなぁ”


ママが恋しくて電話しそうになり、
私を産んで、頑張って育ててくれたママを見習って、私も頑張ろう!と自分を奮い立たせ
自分なりに一生懸命やってみた後
気付いたらかけてる、ママへの報告電話



だって、ママと子供は一心同体
こんなにつながっていたんだもの
大人になったからって、その絆が消えるはずがない


ねぇ、多分私、一生ママのおっかけ兼ストーカーだけど、いいかなぁ?


私もJUNOに一生おっかけられたい
ママのように、JUNOと大親友になりたいなぁ


来月、また実家に帰ります♪
[PR]
by riho_yng | 2009-02-20 16:38 | 育児
先日、前回ご紹介した月経血コントロールのワークショップへ行って来ました!


ワークショップには、既に布ナプキンを使っている方も多く参加されていて、非常に興味深い体験談も伺うことができました
やはり共通するのは、私も感じている通り、「月経血の質が変わる」「月経痛が軽くなる」「レバー状の塊が無くなる」「月経血を自分でコントロールできるようになる」というものでした


そもそも、”生理用ナプキン”が市場に出回ることになったのは、つい最近のこと
まだ50年にも満たない歴史しか無いのです
知ってましたか??

アメリカに遅れること40年
1961年に誕生したナプキンは劇的に進化し、現在は”ポリマー”という石油から作られる化学合成の高分子吸収体が含まれています
このポリマー、500~1000倍もの水分を吸収できる優れものですが、この文明の機器は女性の素晴らしい機能、”月経血コントロール”という、人間として当たり前にできるはずの生理的機能を奪ってしまいました


そして、この1960年代から、子宮内膜症などの子宮系の疾患が比例するように多くなっていくのです



皮膚というものは、私たちが思っているよりずっと賢くて、自立した機能をもっています
あるテレビ番組で、目隠しをしたまま壁を赤く塗られた部屋と、青く塗られた部屋に入り、体温がどう変化するかを実験していましたが、視覚による情報が無いにも関わらず、赤く塗られた部屋に入ると体温が上昇するという、興味深い内容でした


同時に皮膚は、独自に成分を吸収したり、毒素を排出したりもしています
体の部位によってその吸収率は違うのですが、パッチテストを行う腕の皮膚からの吸収を1とした場合、頭皮は3倍吸収するといわれます


さて、膣は粘膜で覆われています
粘膜というのは目や口と同じく、揮発性成分が簡単に入ってきやすい構造になっています
そして性器周辺の吸収率は、なんと42倍にもなるのです
ナプキンに含まれているポリマーは揮発し、膣の中に吸収され、子宮内で血が固まり、レバー状の塊や子宮筋腫の原因になるといわれています


若い女性の間ですら、尿失禁などの症状が増えてきた日本
日本より40年早くナプキンが普及したアメリカでは、現在”膀胱脱”や”子宮脱”が問題になり始めているそうです
これは、月経血コントロールに必要な骨盤底筋の低下によるものだと考えられ、近い将来日本も同じ道をたどる可能性が高いのです
とても恐ろしいことですね


月経血コントロールは、もともと女性に備わっている機能ですから、誰にでも出来ます


まずは、布ナプキンに変えることがお勧めです!
今は自然食を扱っているお店などでも購入できますし、インターネットでも検索できます
私も始めはそうでしたが、最初から全て布に変えることに不安がある方は、自宅で過ごす間に試してみるのもいいと思います
構えずに、冒険するつもりで、試しに是非使ってみて下さい
様々に重ねて使えるような、色々なバリエーションのある商品もあったりして、意外と吸収してくれるので、少し小まめにお手洗いへ行くようにすれば問題無いものです


使い終わったナプキンは、重曹を入れた水に浸けておくと、血は簡単に落ちます
最初は抵抗があったり面倒だったりしましたが、使い続ける毎に嫌な匂いも無くなりますし、何より私は”自分で輩出したものを自分で洗い流す”という行為に、徐々に快感を覚えるようになりました
溜まった汚物入れの使用済みナプキンを捨てるのは不快でしたが、布ナプキンを洗うのは楽しいものです♪


あとは、3つの穴を意識して閉め、会陰から頭頂部にある百会というつぼに向かって引き上げる体操もお勧めです
その際、体の他の部分はリラックスさせるのもポイントです
3つの穴を意識しながら、気持ちの良いように体を動かす
気が向いた時にやってみてください
最初は意識しないと引き上げられませんが、2週間もすれば自然と体が覚えていきます
体をリラックスさせることによって、疲れも取れますよ!
私はお風呂の中や、寝る前にベッドの中でやるのが好きです☆


月経時は、できれば小まめにお手洗いへ行き、月経血を腹圧で出すように意識すると、まとまった経血が排出されやすくなります
最初は分かりにくいのですが、意識していると、尿意を催すのと同じように、排出するタイミングが分かるようになってきます


初めからコントロールできる人はそういませんので、気長に取り組んでみて下さい
私も最初は全然出来ませんでしたが、回数を重ねるごとに上手になり、ナプキンも汚れなくなってきました
”よし、次はもっと漏らさないようにするぞ~”と、ゲーム感覚で楽しんでいると、憂鬱だった月経が待ち遠しくなるようになりました♪


燃やすとダイオキシンが発生するといわれる使い捨てナプキン
一人年間200枚以上×40年=8000枚・・・
これを布ナプキンに変えるだけで、エコになりますよね
費用の面でも何倍もお得です
そして、何といっても心地よい
一度使ったら、もう元には戻れませんよ~


興味があるけどまだ使ってない方、全く知らなかった方、布ナプキンを使ってみたくなりましたか??
是非是非、一度tryしてみて下さい!
体も心も、心地よくなること間違い無しですよ☆


SHINOBUの月経美心サイトはこちらからどうぞ!
[PR]
by riho_yng | 2009-02-13 00:41 | ワークショップのご案内

IFA認定アロマテラピストRIHOの徒然日記 ホメオパシー校を卒業し二人の子供とナチュラルな日々を楽しんでいます☆国産エッセンシャルオイルのトリートメント「和のアロマテラピー」サロンも始めました


by riho_yng