Spirit of Healing

rihoyng.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

未来

妊娠してから、沢山のことに気付かされています
一つ、とても大切なことに気付いた時、一気に私のエネルギーがその方向へ向かいました

それは未来のこと

今までは、現実感を持って「未来」を考えられるのは、自分が老いて死ぬ頃でした
でも今は、お腹の子供が大きくなり、年をとった時のこと
そして、この子の子供が年をとった時のこと
そしてまたその子の子供・・・と、永遠に未来がつながっています

我が子が成長し、老いて死の床に就くとき、私はこの世にいません
当たり前のことかもしれません
でも、その事をとても現実のこととして捉えたとき、胸がえぐられる様な気持になりました

慈しみ育てた我が子の一生を、親は全て見ることができないのです

そしてそれは、かつてから関心のあった問題とつながりました

環境問題です

今、環境問題が深刻なことは、毎日の様にテレビで報道されています

先日、スペイン・バレンシアで開かれた国連の気候変動に関する政府間パネルは、「今世紀末には最悪のシナリオとして地球の平均気温が6・4度上昇、対策をとってもサンゴの白化や森林火災の増加などの影響は避けられない」との報告書をまとめました

そして、「温暖化を最小限にとどめるためには世界の二酸化炭素(CO2)排出量を2050年には半減させる必要があり、この20~30年の取り組みが極めて重要」だと報告されました


今世紀末
それは遠い未来でしょうか
それとも近い将来でしょうか

私たちは恐らく誰一人生きてはいないでしょう
でも、私たちの大切な子供たちは?孫たちは?

先日フィンランドに旅行した方は、白熊が溺れる写真や警告が沢山あったと言っていました
しかし日本ではどれ程深刻なのでしょう
どこか他人事のように感じてしまうほど、差し迫ったものが無いように思います

でも、良く考えてみて下さい
私たちがまだ幼かった頃、夏の最高気温は確か平均30度前後位でした
32度、33度と予報が出されると、”え~っ!?明日すごい暑いよ~!”家族で話していた記憶があります

それが15年ほど前からだんだん気温は上昇し、今では35度が当たり前のような真夏
3~5度、上がったということです

冬には雪が降らなくなりました
異常気象や災害が増えました

これは、どういうことでしょうか?

気温が上がればクーラーを入れればいい
冬が暖かいのは良いじゃないか
今までこれでやってきて大丈夫なんだから、このままでも大丈夫

いえ、考える猶予のある最終期限が、もう迫ってきているのです

今まで快適で便利な人間中心の生活が送れる世の中を作り上げてきた結果、そのツケが今回ってきているのです

後始末、後片付け、面倒なことを省いた結果、毎日毎日大量のゴミが
利便性、機能性、大変な事をしなくてもいい様にしていった結果、分解しきれない化学成分や物質が
そしてそれらが地球を少しずつ壊していっているのです


今大丈夫だから
みんなもやっているから
そんな不便で大変なこと、いちいちやっていられない

そんな気持が、私たちの大切な子孫を苦しめる結果になっていくのです
我が子に幸せになってもらいたい、と願いながら

矛盾していますよね

使ったら使いっぱなし
後は誰かが処理してくれる
けれど、ゴミの埋立地には毎日大量のゴミが運ばれ、もう埋め立てるところが無くなっているのです

何事にも、一人一人が、責任を取らなければなりません
その後にどういう経緯をたどって、それが地球に返る(即ち人に巡って来る影響)のかを、きちんと考えなければなりません

私に今出来ること、どんなに小さなことでも、少しずつでも、やっていきたいと思っています

例えば、外食する際に箸を持ち歩くとか
洗剤を自然のものに変えるとか
買い物袋を持ち歩くとか

気が付いたことから変えていくことが、大切なのではないかと思います
永遠に続く、私たちの未来のために

最後に国連の報告の続き
「アフリカの一部の地域では20年までに農作物の収穫が半分にまで減る可能性があり、アジアでは水不足に陥る」
「今世紀末に最大59センチ海水面が上昇する」
「温室効果ガス濃度を安定させたとしても、気温の上昇は止まらず、海水面も数世紀にわたって上昇し続ける」

国連が設定している最悪シナリオより、現実は厳しいものとなるでしょう
[PR]
by riho_yng | 2007-11-20 12:41 | 環境・エコロジー

秋の収穫

先週ずっと実家に帰っていました
つわりが強くなってきたのと、スクーリングで力尽きたのか、疲れがどっと出てしまったのと・・・
優しいダンナ様の”ゆっくり帰っておいでよ~”というお言葉に甘えて、すっかり長居してしまいました

私の場合、朝は比較的調子が良くても、昼過ぎから夜にかけてどんどん悪化していくので、夕飯の支度がとても辛いのです

妊娠中は匂いや味に敏感にもなるので、お惣菜などの味付けが(化学調味料を使っているものは特に)ダメで、買ってくることも出来ず
食品売り場に行っても、味を想像してしまうとオェッとなるので、なるべく目的のもの以外見ない様にしています

お腹が空くと気持ちが悪いけど、気持ちが悪くて食べられない
じゃあ、お腹が空く前に食べとこう、と食べると、普段そんなに食べないから胃がもたれてムカムカしてしまう
困ったものです

食べられるものの範囲は日に日に狭まってきて、今は白いご飯と梅干、塩
食べた後に口に残る”旨味”の味、ダシの味がダメで、こんなにシンプルになってしまいました

今までは、持ち歩くおにぎりも色々なバリエーションで楽しんでいましたが、今は梅干おにぎり(海苔無し)only
これさえも食べられなくなったらどうしようっっ!?

でも、妊娠中って合成の香りがダメになる人や、化学洗剤にかぶれる人も多かったりして、体に不要なものを本能で知ることが出来る時なのかも知れませんよね

かといって、梅干おにぎり以外食べられないのは困っちゃいますけど

あとは美味しく食べられるのは季節の果物!
バナナとか、キウイとかはダメなんです
季節の果物は美味しい^^

季節の果物と言えば、昨日実家の庭で初めて柿を収穫しました

何故かうちの家族は私が幼い昔から柿の木に憧れがありました
何故そんなに柿の木にこだわったのかは不明ですが・・・
「桃栗三年、柿八年」
と言って、柿が生るのは大変なことなんだと良く聞かされました
だから、私も柿がたわわに実る木を見ると、妙に尊敬の念を抱く癖があったのでした

母は良くスーパーで買った柿の種を庭に蒔いたりしていました
そこまでして欲しいなら、柿の木を買ってくればもっと簡単だっただろうに、と今となれば思うのですが
幼い私は素直に、”あぁ本当に柿の木が育つのは大変なんだなぁ~”と思っていたのでした

そんな我が実家にやっと柿の木がやってきたのは一昨年のこと
春には8個ほど花が咲いて一家の胸は期待に高鳴りました

しかし、実が生ったのは一つだけ
長野の祖母によれば、そんなものだ、とのこと
”実が生っても、落ちるに”とのドライな祖母の発言に、一家全員青ざめ、
毎日祈るような気持ちで、たった一つの柿の実を見守り続けていました

そして!!
ついに昨日収穫の日を迎えました
ビッグイベントです!

一同揃って、数台のカメラで記念撮影です
c0136640_13124288.jpg


柿だーい好きな姪は、とっても嬉しそう
c0136640_1315237.jpg


早速、この柿を人数分等分して、大切に大切に食べました
これが、美味しかった!!!
無農薬の柿
愛情たっぷりで育った柿
こんなに美味しい柿を食べたのは初めてでした
噛み締めるごとに甘味が少しずつ広がる、奥深い味でした

来年はもっと沢山実るといいな
一緒に収穫しようね、ベビーちゃん♪
[PR]
by riho_yng | 2007-11-12 13:23 | 日記

新しい命

3年次後期スクーリングが、昨日終了しました
スケジュールぎっちりの6日間でしたが、今までより更に内容が深まり、非常に興味深い内容でした

今日はスクーリングのことを中心に・・・と思っていましたが、嬉しいニュースを先にご報告します!

この度、私妊娠しました~!!

c0136640_10541514.jpg


これは私のベビーちゃんの初写真です♪
3週間ほど前から妊娠したことは分かっていたのですが、確認できるまで待っていたのでした

その待ち遠しかったこと!!

この3週間で、何にも見えなかったベビーちゃんは、7.8mmにも成長し、元気の良い拍動を見せてくれました

私の体の中に、もう一つの命が宿っている、そう感じた瞬間でした

元気な姿を確認し、思わずじんわり涙が溢れてきました

実は私は春に一度流産しました
お腹の中で成長せず、心臓の鼓動を見る事が無いまま、天国へ旅立ってしまいました

本当に悲しい経験でした
でも、この子が教えてくれたことは数え切れません
命の尊さ、親となること、そして私を産み育ててくれた両親の想い
沢山の大切な想いをかみ締めながら、再びこの子と会える日を楽しみにしてきた半年でした

だから、再び妊娠したと分かった時は、涙が出るほど嬉しかったのでした
同時に、この子の成長を祈るような気持ちで、3週間を過ごしました

少しポコッと出たお腹を見て、その中で一生懸命大きくなっている我が子を想うと、他には何もいらないくらい本当に幸せな気持ちになります

”可愛いね~!!”と抱きしめてみたりして
今から立派な親バカです

そして、今つわりと格闘中!
ホメオパシーのスクーリングも、つわりとともに乗り切ったのでした

私の場合お腹が空いてくると気持ち悪くなるので、常におにぎり等を持ち歩くようにしています
夕方になると突然”オェッ”とくるので、道端でも電車の中でも、ところ構わずおにぎりを食べます

先日それを見た友人が、”たまに、え~こんな人が歩きながら物を食べるんだ~って感じの人がいるけど、そういう人ももしかしたらつわりだったりするのかもね~”と言っていましたが
その立場にならないと分からないことって、沢山あるんですよね

確かに気持ち悪いけど、不思議と全く辛いとは思いません
それよりも、この子と一緒にいられることが本当に幸せなのです

つわりに良いレメディも試していて、これが役に立っています
いくつかありますが、私の場合はSepia
30cを、状態に合わせて一日5回ほど飲みます

わざと飲まなかったりして実験しましたが、私にはSepiaが合うみたい
スッと楽になります

もしお悩みの方がいましたら、是非試してみて下さい
つわりで、最初に試すべきレメディはSepia
そして、それがあまり効かないようなら、日を空けてPulsatillaを
その他にもCocculusや、Ipecacなどもあります

ということで、これからは妊娠、出産に基づいたアロマテラピー&ホメオパシー情報をご紹介していきたいと思いますので、是非是非楽しみにしていて下さいね~


追記: 妊娠に伴い、今まで行ってきましたERIKOとのワークショップを、無期限でお休みさせていただきます
今までご参加いただいた方、本当にありがとうございました
尚、ERIKOによるワークショップは今後も続いて行きます!
彼女ならではの視点から、楽しいワークショップを展開してくれると思いますので、こちらも楽しみにしていて下さいね!
[PR]
by riho_yng | 2007-11-05 12:46 | 妊娠・出産

IFA認定アロマテラピストRIHOの徒然日記 ホメオパシー校を卒業し二人の子供とナチュラルな日々を楽しんでいます☆国産エッセンシャルオイルのトリートメント「和のアロマテラピー」サロンも始めました


by riho_yng