Spirit of Healing

rihoyng.exblog.jp
ブログトップ

おっぱい

子育ては、想定外の事だらけ
思ってもみなかったことに泣かされることの何と多いこと
まぁ、想定なんていちいちしていたら、子育てなんて出来ないんでしょうけどね


私が出産してからずっと泣かされているのが、おっぱい
これ程大変なことだとは思っていませんでした


妊娠6ヶ月の頃から毎日おっぱいマッサージをし、母乳の分泌もとっても良かった私のおっぱい
助産師さんにも、いつも”良いおっぱいだね”と褒められてました
母乳育児に力を入れている産院だったので、出産後の入院中も色々教えていただきました


間も無く乳首に水ぶくれができ、ここからおっぱいトラブルが始まりました
浅く吸われていたりすると出来やすいそうですが、そういう訳でもなく、多分遺伝的に皮膚が弱いためでした
母も妹も、同じように水ぶくれができたそうですから
なので、これは一応”想定内”


しかし、痛みは”想定外”
吸われる度に激痛が!!
針を乳首から肩甲骨に向けてブッ刺してるような、そんな痛み
泣こうと思わなくても、自然に涙がでてしまいます・・・


下着が触れるだけで、何とも言えぬ、神経を刺されているような痛みが走り・・・
歩くのも、食べるのも、ましてや抱っこするのも激痛
全身がおっぱいのみに集中し、おっぱい星人になったようでした
”おっぱいが歩いてる;”
本気でそんな感覚でした


その上、JUNOはおっぱいを飲むのが下手っピ~
顔はおっぱいから遠ざけ、手でおっぱいを突っぱね、乳首に口を付けても吸い付けず
飲みたい心とは裏腹に、全て逆方向に力を入れてしまうのです
助産師さんに相談したところ、”赤ちゃんはみんな最初はそうよ~”と
でも、1ヶ月経っても2ヶ月経っても、本当に下手っピ~
上手く飲めなくて怒って泣きまくり、水ぶくれの乳首を目掛けて手をバタバタ
「ヒィ~~~」「ギャ~~~」
何度二人でワンワン泣いたことか・・・


「だんだん乳首も強くなるし、すぐに”そんな事もあったね”って笑い話になるよ」と母
”すぐっていつなの~!?もう今が限界だよ~;;”
だって、一日10回以上授乳するんです
1回1回が本当に辛かった


でも、だんだん水ぶくれも出来なくなり、JUNOも上手に吸い付けるようになり、気付いたらそれは笑い話になっていました
ところがまた新たな問題が


JUNOの体重が増えないのです


ちょうどその頃訪問して下さった区の助産師さんに相談すると、どうやらJUNOは十分におっぱいを飲めていないようでした
乳汁の分泌は良い、が、何らかの理由でおっぱいを奥から吸い上げられていないのだと


体重以外の発達は平均的で、笑ったり物を目で追ったりできるのですが、このままだと体の発育の面で心配とのこと
結果、ミルクを足すことになりました


ショックでした
物凄くショックでした


母乳で育てたかった
食生活も、運動も、マッサージも、全て美味しいおっぱいの為頑張ってきました
水ぶくれが出来たって、どんなに辛くたって、その為に頑張ってきたのに
それら全てがとても悲しかった
そして、”お腹が空いた”とどんなにJUNOが泣いても、おっぱいで満足させてあげられないことが、とてもとても本能的に悲しかったのです


初めてのミルクは、泣きながらあげました
そんな私を不思議そうに見上げながら、ゴックゴック喉を鳴らして美味しそうにのむJUNO
こんなに哺乳瓶の乳首に嫉妬したことはありません


最近のミルクはとても良く出来ているし、ミルクで育ったからといって特に大きな問題も無いし、母乳のみで育てられないことを嘆くのは単なる私のエゴなのかも知れない
栄養失調にさせるわけにもいかないし、JUNOはこういう子なんだから、割り切って楽しく育児をしよう
そう頭では分かっていても、受け入れるのにはかなり時間がかかりました


助産師さんと相談して、おっぱいを残していくために、定期的に体重の増えをチェックしながら、一日300ml以内でミルクを足すことにしました
ちょうど良く体重が増え、母乳もきちんと飲めていることも分かり、一安心
けれど、JUNOが泣くと、”お腹空いたよ~”と言われているようで、最初はとても辛かった
そして、何気なく聞かれる「母乳で育ててるの?」の言葉が、本当に辛かった


でもきっとこれは、人生には”仕方の無いこと”があるんだと教えてくれた、とても大切な経験だったのだろうと思います
理論では説明の出来ないことがあるのだと
「夏に水分豊富で体を冷やすスイカができるように、マラリアの流行区域にはそれを治癒するキナの木があったように、自然界には需要と供給が必ずある 従って、子供を産んだらおっぱいが出ないわけが無いし、私から生まれた子供が私のおっぱいを飲めないはずが無いのであーる」
みたいな、私のカチカチの頭を柔らかくしてくれたんだろと思います


だって、やっぱり子育ては想定外のことだらけ
今日だって12時半まで寝ちゃうし
かと思えば、ぜーんぜん寝ない日もあるし
毎日毎日、理論なんて通用しない、全く違う一日なのです


だからきっと、大変でも思いもかけない喜びがある
人生もこんな風に輝いていたら、もっと楽しい!
そんな大切なことに気付かせてくれたJUNOとおっぱいに感謝です


さあ、そろそろJUNOが起きるかな?おっぱいがジンジンしてきました♪
(ブログ作成中、ずっと抱っこ紐で眠り続けていた・・・肩腰が痛いよ~)
[PR]
by riho_yng | 2008-10-06 10:50 | 妊娠・出産

IFA認定アロマテラピストRIHOの徒然日記 ホメオパシー校を卒業し二人の子供とナチュラルな日々を楽しんでいます☆国産エッセンシャルオイルのトリートメント「和のアロマテラピー」サロンも始めました


by riho_yng