Spirit of Healing

rihoyng.exblog.jp
ブログトップ

生まれました!

9月10日午後8時57分、無事3118gの元気な女の子を出産しました!
KANOちゃんです♪

c0136640_12464699.jpg


前回33時間という長期戦でしたが、なんと今回は4時間のスピード出産でした!!


6日にお印が来たので、もうそろそろだろうなぁと思っていたところ
9日検診に行き、内診してもらうと既に子宮口が4cm弱開いていた!

前回の出産で、4cm開くのにどれだけ大変だったことか…
さすが、経産婦
週末には生まれるんじゃない?とのことだった

「きっと当分最後だね」と、検診に付き添ってくれた母に美味しいLUNCHをご馳走になり
「美味しいパフェが食べたい!」と、JUNOを寝かしてゆっくりティータイムを楽しみ

徐々に痛みと出血が現れ、”いよいよ今日かしらっ!?”ということで、母もお泊りしてくれることに
早めに夕飯もお風呂も済ませ、ダンナも帰ってきたし、JUNOも寝たし!
さぁ、いつでも来い!陣痛さん!

・・・あれぇ?なかなか本格化しない
痛みもそんなに強くないし
これは明日かなぁ?? 

翌日、痛みと違和感で目が覚めた
今日は何だか違う気がする
痛みも昨日より強いし、間隔も約10分と規則的
うん、きっと今日だ!!

まだ誰も目覚めてないうちに、前々から計画していたKANOちゃんのバースデーケーキ作りに取り掛かった
JUNOも大好きな、いつもの定番マクロのケーキ♪
出来上がる頃には、少し痛みの間隔が短くなっていた

c0136640_1612957.jpg


8分、7分、6分…次第に短くなる間隔
でも痛みはそんなに強くないような?
こうしてご飯も食べられるし…

念の為に助産院に確認すると
「うーん、多分今日中には生まれると思うけどもう少しうずくまるくらいの痛みになったら、もう一度お電話くださーい☆」と

うん、やっぱり今日だよねっ!
ダンナにも休みを取ってもらい、準備万端!
さぁ、どんどん来い!陣痛さん!

・・・あれぇ、何だか陣痛落ち着いちゃったような??
さっきから全然波が来ない…あれあれ?

気付けばもうすぐお昼の時間
もう入院してるかと思ってたから、全く考えていなかったお昼ご飯
えっと~どうしようかな

昨日で最後のはずだった外LUNCH、再び~
入院する気満々だったから、全くのノーメイク
JUNOにも「ママ、お化粧もしてないの~?」なんて言われつつ
今度こそ最後になるはずのレストランへ

食後もまだまだ来そうに無いので、スーパーをプラプラ
とにかく歩かなくっちゃ!
勢い付いて、もう少し遠くまで行こうとしたところで、ドッカーンと一波
おぉ、これは本格的な痛み
15分後にまたドッカーン
間隔は長いけど、これはいよいよ近付いてきているサインなのかも!

ダンナにJUNOを公園へ連れ出してもらっている間に、お風呂に入ることに
前回破水から始まった為、入浴できないまま入院し、とても気持ち悪かったのを覚えている
だから、今回は陣痛が始まったら、是非ともゆっくりと湯船に浸かりたかった

「このお腹ともとうとうお別れかぁ」
ちょっと寂しく思いつつ、暑かった妊婦生活を懐かしく思い返してみたりした
KANOちゃん、もうちょっとで会えるね!頑張ろうね!
17時
適度な温かさで心身ともにリラックスすると、陣痛の間隔は10分になっていた

夕ご飯もガッツリいただきましたっ!!
前回は微弱陣痛ながらも全然食べられず、フーフー言っていたけれど
ドッカンドッカン来る痛みの間に、ガツガツと美味しく完食しました!
だって、食べられる時に食べとかなきゃ!
なんてったって、これから大仕事
フーフーなんて言ってられないわっ!
…2年間で、随分肝が据わったなぁ^^;

そうしている間に間隔は5分
痛みもしっかり、うずくまる感じってより、出ちゃうかも??って感じ(ヤバイ!)
助産院に連絡すると、「お待ちしてまーす!」と
さぁ、いざ出発!!

問題はJUNO
さっきから、私の異変に気が付いて、よりまとわり付いてくる
5分という間隔は長いようで短い
波が引いたらタイミング良く出ないと、また動けなくなってしまう

母がJUNOをうまくベランダに連れ出してくれている間に、こっそり出発した
JUNO、頑張るんだよ ママも頑張るからね
祈るように、JUNOにとけない魔法をかけるように、想いを残した

波が再びやってくる前に車に乗り込みたかったが、一歩手前で痛みが…
「RIHO、もうちょっとだよ、もう少し頑張れる?」とダンナ
無理ですっ!話をするのも無理なんです、この波の間は

車の位置を直し、さぁ乗り込もうとしたところでもう一波
フゥゥゥゥゥ~・・・・・・ゥゥゥ
「5分間隔になったら病院へ」って良く本でもあるけど
これって、かーなーりー大変なんだけどっっ!!!!!

助産院へ向かう車内 波と波の静寂で見た夜の道が、やけに鮮やかだった
こんなにも普通の風景の中で、これから出産しようとしているんだ 私は
不思議だな
大好きなウクレレのBGMを聞きながら、とても冷静な自分がいた

臨月に入り、ドキドキして眠れない日々もあった
前回の長いお産の経験が恐怖となり、今回自分が本当に大丈夫か、怖かった

「生きてきたようにお産をする」
助産院のマタニティクラスで出合った言葉
正解も不正解も無く、ありのままの自分と向き合うお産

この子が私のお腹を選んで来てくれたのだから、自分を信じてみようと思った
10ヶ月間私なりに出来ることはやって来たのだ
どんなお産になろうと、今の私が向き合い、受け入れられるはずだ

15分後、助産院到着
陣痛の間隔5分以下
痛みもかなり強まっていたが、質問にもきちんと答え、お手洗いも済ませ、着替えもし
よ~し、いざ本番!

あ~いよいよ来たかぁ 本当に来たんだぁ
これ乗り越えないと生まれないんだよなぁぁぁぁl~

ステキな洋館の助産院 希望していた特別室
大きくて心地良いベッドの上にはシートが敷かれ、薄暗くセッティングされたその空間は、何か神聖だった

モニターを付けると、元気な赤ちゃんの心音が聞こえた
間隔は3分から5分
時間は19時半
今日中には生まれるでしょう、とのこと
あと数時間

痛みはどんどん強まってきた
思わず力を入れてしまう
すると助産師さんからアドバイス
「鼻から息を吸って、口から吐いて 赤ちゃんに沢山酸素をあげて」
「痛いけど力を抜いて そうするとどんどん開いていくよ」

そうだ、これはヨガの呼吸
今回、マタニティヨガを楽しんできたのだが、いつも先生が言っていたことだった
マタニティヨガでは「リラックスが最大の目的」だと
痛くてグッと力をいれてしまうと、なかなか開いていかないのだ

波がやってきた
大きく鼻から息を吸い、口からフゥーーーーッと吐く
同時にどんどん力を抜き、エネルギーを下へ下へと下げてみた
一呼吸、二呼吸…十呼吸
波が引く頃には、だんだん楽になっていくようにさえ感じた

どんどん間隔も短くなっていく
次第に呼吸と共に、少し震えを感じた
自分で痛みをコントロールしている証拠、と本で読んだ
大丈夫 大丈夫

「そろそろダンナさんに腰とかさすってもらいましょうか?」
あ、忘れてた
腰さすり…前日「もし陣痛の時腰をさすってくれるなら、こういう風にやって」とやり方を教えてあった
前回変なリズムでさすられ、ちょっとイラッとしたのだった(ごめん、ダンナ)
う~ん、なんか嫌な予感がするが、せっかくだからさすってもらうか

よしきた、とばかりにさすり始めたダンナ
「どう?こんな感じ?いい?ねぇ、RIHO」
…って、こんな痛みの真っ最中に答えられるかっ!!

途中から一緒に助産師さんも腰をさすってくれた
あぁ、さすがプロ
本当に楽になるし、とても安心する

「とても気持ちいいです、○○さんの手」
「え?あれ?オレの手じゃなくって?」
ということで、うちわ係に降格

しかし、うちわも顔めがけてパタパタ高速で扇いでくる
…つーか、そんなに扇がれたら苦しいし気が散るしっ!
あぁ、やっぱりダンナ 突込みどころ満載

呼吸に集中していると、だんだんエンドルフィンが出てくるのが分かった
「あと何回この波を乗り越えなきゃいけないんだろう」というより
「一回乗り越える度に、確実にこの子に会える時が近付いて来ている」と思えた

どんどんお尻が刺激されてきて、いきみたい感じがしてきた
子宮口を計ると、もう全開 いきみOKとのこと
「じゃあダンナさん、後ろに回って!」
20時半
早っ!まだ助産院入りしてから1時間しか経っていなかった

前回同様、フリースタイルでの出産
今回はダンナが後ろに座り、私がダンナにもたれかかりながらというスタイルを選んだ
赤ちゃんが出てくる向きを助ける姿勢なのだそう

「いきみたくなったらいきんでいいよ!」と助産師さん
「よし、頑張れ、JUNO!」とダンナ
…って、おいっ!!!!!!
「あは、JUNOだって、間違えちゃった」とか、一人ウケしてるし
あぁ、やっぱりダンナ…面白すぎる

でも内緒で、JUNOが「が~んばれ!が~んばれ!」と言っているムービーを撮っていてくれ、見せてくれた
「ママ頑張れ~!KANOちゃん頑張れ~!」と
とてもとても励まされた!
俄然力が湧いたよ、ママ頑張るね!
ありがとう、JUNO(あ、ダンナも)

ちょっと怖いながらも、いきんでみる
膣から羊膜の水風船が出て来て触らせてもらった
パツンパツンに張っていてでビックリ!!
そしてその中にはKANOちゃんの頭が
よ~し、もう一踏ん張り!頑張ろうKANOちゃん!

次のいきみでパシャッと割れ、破水
そして次 「あぁ~~~これこれ、このはさまる感じ、やっぱり痛い~!」と思った瞬間
ツルッと胴体が抜け、産声と共にKANOちゃんが私の胸にやってきた
本当にウソみたいに早くて、正直信じられなかったけど、胸には可愛いKANOちゃんのお尻が

湿った体 羊水の匂い 震える泣き声

幸せな幸せな、ほんと~うに幸せな瞬間だった

私たちにKANOちゃんを授けてくれて、本当に本当にありがとう

c0136640_18534735.jpg



c0136640_1854722.jpg



c0136640_1854446.jpg


c0136640_1855164.jpg

[PR]
by riho_yng | 2010-09-17 18:59 | 妊娠・出産

IFA認定アロマテラピストRIHOの徒然日記 ホメオパシー校を卒業し二人の子供とナチュラルな日々を楽しんでいます☆国産エッセンシャルオイルのトリートメント「和のアロマテラピー」サロンも始めました


by riho_yng